高齢者のための防犯を意識した川崎の注文住宅

足腰が悪いせいで来客への対応も難しくなってしまった高齢者は、玄関ドアのチャイムが鳴っても、対応できずに放置したままという事も多いです。そのチャイムに誰も反応しないせいで、家族全員が留守にしていると勘違いした空き巣が、部屋に侵入してくる可能性にも注意をしなければいけません。川崎の注文住宅では高齢者が生活する部屋だけ、特に空き巣が侵入しにくい構造にしてもらう事も可能です。高齢者の部屋だけは格子窓を取り付けて、外から侵入しにくくしておくだけでも、寝ていた高齢者と空き巣が鉢合わせしてしまう可能性を減らせます。格子窓といっても外からの陽射しは、しっかりと採り入れられる窓もありますから、部屋が暗くなってしまうと考えないように注意をしてください。窓に格子が付いていても、外の景色の美しさを堪能しやすいという、高齢主も喜ぶ窓を取り付けてもらえます。

廊下の一部を広く使えるようにした川崎の注文住宅

廊下にフリーホールとして使える空間を作るだけで、部屋が一つ増えたような感覚になれるからこそ、廊下の設計にこだわりを持つ人が増えてきています。川崎の注文住宅であればフリーホール付きの廊下に、開放感や収納性の高さを加えてくれて、廊下にソファーや本棚などを設置する余裕を持てます。居心地の良い廊下で読書を楽しんでいるだけで、部屋でくつろいでいる時とは違った安らぎを感じられますし、部屋に本棚を置く必要も無くなる点が好評です。読みたいと思った本だけ廊下から部屋に持ち込むだけで、部屋に本棚を設置する必要性も感じなくなり、部屋を広々と使う事が出来ます。廊下にフリーホールを作る事で、どれだけ空間を賢く使えるようになるのか、注文住宅のメーカーに相談をしてみる事がおすすめです。フリーホールの活用事例なども示してもらいながら、建築費用の計算もしてもらえます。

川崎の注文住宅は小さな屋根裏も活かす

屋根裏収納と聞くと、広々とした空間をイメージされるかもしれませんが、何も屋根裏を大きく作った住宅ばかりとは限りません。川崎の注文住宅では屋根裏をあえて狭くする事で、部屋の天井を高く設計できるようになり、瀬谷を広々と感じられる物件も中にはあります。しかも狭くしておいた屋根裏のスペースまで活用するために、小屋根収納という空間を作っている事も多く、簡単に出入りをする事が可能です。使わなくなった季節物の家電などを収納しておいたり、湿気対策をする事で衣服まで収納しやすい空間に出来るなど、屋根裏に対するイメージも変わります。天井を高く設計した分だけ、ロフトを広く作るといった空間の活かし方も提案してもらえて、注文住宅のデザインを考える面白さを感じられることでしょう。屋根裏の使い方に困った際には、川崎の注文の建築事例からチェックしてみてください。